まいにちの暮らしごと

お料理、お掃除、子育てなどなど、まいにちの暮らしまわりのいろいろを綴る、暮らしごとの覚書です。

ベンジン拭き

スーツのお手入れに、ベンジンを使ってみました。

    f:id:masapn:20210504151007j:plain

ベンジンというと、何だかちょっと古くさい?昭和なイメージがありますが、衣服のお手入れには、とても役に立ちます。

 

f:id:masapn:20210504150921j:plain

先月、息子の入学式で着たスーツ。

専業主婦なので、スーツなんて、めったに着る機会がありません。

1回着たら、次はもういつになることやら。

でも、次に着る時も、気持ちよく着たいので、たった1回着ただけでも、きちんとお手入れして収納したいと思います。

 

1回しか着ていないのに、襟口や袖口など、肌が直接当たるところは、思いのほか汚れてしまいます。

お恥ずかしながら・・・

f:id:masapn:20210504151547j:plain

こんな感じに。

 

でも他のところは、ほとんど汚れていないように見えます。

わざわざクリーニングに出すほどでもないと思うのだけど、でも襟・袖は確かに汚れてる絶対きれいにしたい!

 

こんな時に役立つのが、ベンジン様です。

ベンジンは油性なので、皮脂汚れや、油性のシミ抜きに有効です。

 

まず、スーツ全体をブラッシングして、ホコリを払います。

f:id:masapn:20210504152001j:plain

 

そして、乾いた布の上に、汚れた部分を上にして衣服を置き、白い布にベンジンを沁み込ませたもので、襟元をゴシゴシ拭きます。

 

ポイントは、襟元から外に向かって、襟全体を拭きあげること。

つい、汚れだけを拭いてしまいがちですが、かえって輪ジミになってしまうことも。

このスーツは紺色で目立ちませんが、薄い色だと輪ジミができやすいので要注意です。

 

              f:id:masapn:20210504152424j:plain

生地の端まで拭き上げると、輪ジミができません。

また、白い布を使うと、汚れが布に移ったかどうか、わかりやすいです。

 

袖口も、裏地が付いている部分から、端に向かって拭き上げます。

f:id:masapn:20210504152608j:plain

ゴシゴシこすっても、ベンジンは油性なので、毛羽立つ心配はありません。

ツンとする特有のニオイはありますが、揮発性が高いのですぐに消えてしまいます。

 

汚れが落ちたら陰干しして、

                   f:id:masapn:20210504154750j:plain

不織布のカバーを掛けてクローゼットへ。

f:id:masapn:20210504154925j:plain

 

ベンジン様は、意外と使ったことがない方も多いのでは?

ちょっと地味で、昭和な薬剤?日用品?という感じがしますが、ドライクリーニングの代わりになって、1本あると結構便利です。

ドラッグストアなどで手軽に購入できますが、どこのお店でも、棚の下の方とかの目立たない所に、ひっそり置いてあるので、よく探してみてください。

 

火気厳禁なので、アイロン、タバコなどの火元には、くれぐれもご注意を‼

また、揮発しやすいので、使ったあとは、しっかり蓋を締めることをお忘れなく。(しっかり締めていても、隙間から揮発しているのでしょうか、いつの間にか少なくなっていることもあるほどです。)

 

大洋製薬 Taiyo Pharmaceutical イザキ Aベンジン 100ml

価格:202円
(2021/5/4 16:15時点)
感想(0件)

room.rakuten.co.jp

ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。


ナチュラルライフランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村